医者の妻として幸せになれる女性の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ結婚を考え始めたあなたに質問です。あなたの結婚生活に何があれば幸せですか?ステイタス?一定以上の年収?それとも愛情?仮にあなたが「お金!」と答えたとしても、アメリカの喜劇王・チャップリンが遺した有名な言葉にあるように、人生にお金が不可欠なものであることは、誰もが認めることです。決して恥ずかしいことではありません。そうした価値観の中で、社会的ステイタスが高く、年収も高い医者は、誰もが理想の結婚相手として頭に浮かべることが多く、結婚相談所でも常に人気職業のトップであります。しかし理想と現実は別物。仮に医者と結婚しても女性全員が幸せになれるとは限りません。どんな女性が医者の妻として幸せになれるのでしょうか?一緒に見ていきたいと思います。

医者の妻の生活、心得ておきたい!求められるのはこんなこと

あなたが、自分が理想とする幸せな結婚相手として医者を選ぶように、お相手も「医者の妻」として、あなたに求めるものがあります。一体どんなことが求められているのでしょうか?あなたは、旦那様に妻としてこれらを求められた場合、幸せな気持ちになれそうですか?

健康管理

医者は、想像以上に激務です。人の命を預かるという使命もあり、常に緊張感が伴う生活になります。土日も休日といえども、緊急事態や勉強のための学会参加など、家を空けることが多いとか。人間、健康管理は誰でも必要なことですが、医者の場合はもっと真剣に考えなくてはなりません。食生活からストレス管理まで、医者である彼の「主治医」「トレーナー」として、彼が健康的に過ごしていけるよう、毎日の生活を支えていくことが求められます。

家族・親戚付き合い

上記で挙げたように、基本的に医者は家にいないことが多いと認識しておいたほうがいいです。そうなると、結婚すれば無視できない「相手の実家とのお付き合い」も必然的にあなたが中心となって動かなくてはならない状況がしばしばあることでしょう。嫁姑問題を言っているヒマはありません。あなたが相手のご家族と面倒を起こしたりすれば、旦那様は職場でも家庭でもストレスを抱えることとなり、仕事に邁進できなくなります。医者の妻には、とかく内助の功が求められるのです。

子育て

まずあなたが「イクメン」を旦那様に求めているようであれば、医者の妻にならないほうがいいです。というのも、医者は激務だとお伝えしましたが、医者としてのキャリアが浅ければ浅いほど、それは特に顕著です。勤務医といえども、休日は他の病院・医療機関にて勤務することがあったりして、一緒に子育てをしてもらおう…というのは難しいのです。なので、あなただけでも子どもを育てあげる!というくらいの気概、覚悟が必要です。また医者の家庭は、子どもも医者を…と、職業が代々続くことが多いので、優秀な子どもに育てることも、言葉にしなくとも暗に求められていくかもしれません。

医者の妻の仕事のパターン

医者の妻=専業主婦というイメージが先行していますが、実際のところ、あなた自身の仕事はどうなるのでしょうか?専業主婦に憧れて医者の妻を選んだものの、その後の旦那様のキャリア形成によっては、専業主婦だけではいられないようです。医者の妻として、どんな風に仕事をしていくのか見ていきましょう。

プロ専業主婦として支える

これは状況的に専業主婦にならざるを得ないことも多いようです。家族のこと、子育てのことを、ほとんど妻に任せきりとなるのが医師の家庭の特徴。毎日の家事はもちろん、旦那様の身の周りのケアや親戚づきあい、そして子どもの教育のことなど考えると、自分が外で働きたくても、時間的に物理的に働いている状況でなくなっていくのです。また医者としてキャリアが浅い20代~30代のうちは、2〜3年に1回は転勤となることもあり、妻として旦那様についていくとなると、妻が正社員として働くことが難しいことは、昨今の女性の転職事情を考えれば想像いただけるのではないかと思います。会社勤めのストレスはないものの、ただの優雅な専業主婦というよりは、家庭の一切を切り盛り出来るプロ専業主婦が求められます。

開業医の妻として裏方で支える

結婚した当初、旦那様が勤務医だったとしても、自身のキャリアを積み上げていく中で、いずれは開業して自分の医院を持ちたいと考えていらっしゃるかもしれません。そうしたら、あなたも病院を切り盛りしていく戦力、スタッフの一人として期待されることもあるかもしれません。あなたに看護師・薬剤師としての資格がなくても、病院の事務など、病院を経営していく上でやることはたくさんあるのです。受付、経理、病院内のスタッフの管理、病院内の清掃・整理整頓など…あなたが専門職でなければ、むしろ運営全般、オールラウンダーとして病院内を管理できるスキルが求められるかもしれません。旦那様が診療に専念できるよう、裏方、縁の下の力持ちとして仕事をすることになるかもしれません。

自分のキャリアを貫く

子供が生まれるまで、転勤となる前までは、よく聞く「共働き世帯」と同じように働き続ける妻も多いです。旦那様の転勤を機に一旦ストップしたり、もしくは子供が生まれ、まだ手のかかる小さいうちはプロ専業主婦として働くものの、子供が就学したり成長するにつれて、自分のキャリアを再開させる人もいるようです。何れにしても、医者の妻は、時間のやりくりが命です。うまく時間を作れるようになった時、自分のキャリアについて考える方が多いようです。また医者の妻の職業として、医療従事者、もしくは教育者といった専門職、芸術家なども多いので、その方は再開しやすいのかもしれませんね。

「医者の妻」候補として、医者と出会う方法

ここまで、医者の妻として求められることについて見てきましたがいかがでしたでしょうか?あなた自身は、「医者の妻」としてあれこれを求められる結婚生活を楽しんで幸せになれそうでしょうか?単純に医者の妻と言ってもお相手次第によって、出来ること出来ないことが出てくることでしょう。そしてまず医者に出会わないと話は始まりませんね。どうやったら医者と出会えるのかご紹介していきます。

結婚相談所

一番のオススメは、圧倒的に結婚相談所です。相手も結婚したくて登録しているので、初対面の時からあなたを妻として意識します。また結婚への気持ちが前向きであることと、「100%医者である」ことが保証されているのもおすすめポイントです。結婚相談所は身元が保証されています。職業欄に医者と記入したら「医師免許」を結婚相談所へ提出しなくてはなりません。またお互いの家族についても申告するので、どのような家庭環境で育ったのかわかります。第1章の通り、医者の妻となると旦那様の家族問題も、妻が対峙しなくてはならないことが多いので、相手の家族構成が出会う前から把握できることは、とてもポイントが高いですよ。

お見合い

ドラマの中で見た「そろそろあなたにどうかな?と思って…、いい縁談があるのよ」なんて、写真を見せられる、あのワンシーン。実は親戚や知人に医者とコネクションがある方がいたら、ぜひお見合いできないか相談してみましょう。結婚相談所に続き、実はこのお見合いスタイルも医者の妻となるにはオススメです。結婚は本人同士の問題ではあるのですが、こと医者に限っては「家柄の釣り合い」を引き合いに出されて、本人同士が結婚を望んでいても、家族の事情で破談になることもあるのです。ですから、初めから双方の家柄について把握している人にお見合いをお願いすれば、そのような家柄の問題は最初からクリアしていると考えていいでしょう。

婚活パーティー、合コン

結婚相談所での活動資金もないし、お見合いを組んでくれるような知り合いもいないあなたは、少し手軽な婚活パーティーや合コンからスタートしてみてもいいかもしれません。ひょっとしたら運命の出会いがあるかもしれませんが、でもこれはかなり遠回りになることを覚悟しておいてください。まず医師限定の婚活パーティーといっても、必ずしも医師とは限らないですし、合コンに既婚者が気晴らし程度に参加しているかもしれません。ラッキーなことに医者と出会えても、医者はシャイな人が多いため、彼からのアプローチを期待できませんし、多忙のためそもそも連絡すらまともに取れないかもしれません。そこから交際に発展していくまでには、あなたの相当の努力と忍耐が必要になるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?医者の妻として、幸せになるヒントをお届けしました。医者の妻は単なる肩書きでもいい、その肩書きこそがあなたの幸せな結婚生活に必要であれば、医者の妻として望まれるように、目的達成に向けて努力をすれば良いでしょう。しかし…医者の妻として求められることを踏まえながらも、心から愛し合える医者に出会って結婚するのが、ひょっとしたらもっと幸せな「医者の妻」なのかもしれません。結婚生活は二人で作りあげていくもの。あなたにとって幸せな結婚生活を考える一助となれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料カウンセリング

フェリーチェに来社し、更にくわしい説明を聞いてから入会を決めたいという方は、
電話またはインターネットでご予約の上、お気軽にお越しください。

お電話でも受け付けております。
時間の変更、予約解除の際には必ずご連絡下さい。
銀座ラウンジ TEL:03-6228-5223
芦屋ラウンジ TEL:0797-25-1076
横浜ラウンジ TEL:045-264-459


無料カウンセリング

SNSでもご購読できます。