<徹底解剖>医者の恋愛の実態とパターンは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでに医者と出会ったことがないにも関わらず、医者との結婚を望む女性は後を絶ちません。しかし結婚は生活ですから、結婚をするにあたっては安定が一番大切だと考えているのであれば納得です。

社会的地位、収入…この不安な世の中で、医者という職業は将来も安定している数少ない職業かもしれません。この記事では、医者の恋愛の実態をはじめ、結婚の前に必ず通過する「恋愛」のステージについて、医者と結婚したいあなたと一緒に考えてみたいと思います。

そもそも医者はどんな恋愛をしているの?医者の恋愛の実態

基本的に受け身で恋愛をしていることが多いようです。日常のやり取りもデートについても、「彼女ファースト」とはならず、仕事柄どうしても「仕事ファースト」になり、それは医者としてのキャリアが浅ければ浅いほど顕著に現れます

勤務中にSNSやメールで個人的なやり取りはできないので、たとえ大好きな彼女とのやり取りでも反応は遅れがちだし、場合によってはスルーすることも。そして、自分からデートの約束をしたとしても、当日になって緊急手術が入って予定を変更せざるを得ないことがあります。いつも病院から呼び出されるかもしれない…ということが頭にあるため、何か約束して断らなくてはいけなくなった時、彼女から文句を言われたり、彼女から悲しまれたりするようであれば、そのような事態を最初から避けるようになるため、結果として受け身の状態になります。忙しい合間に実現した彼女のデートだとしても、臨機応変に動ける状態を作っています。なので、家でDVDを観たり、料理を楽しんだり。アクティブにあちこち出かけたり、遠出を楽しむよりは、日常の生活圏内で恋愛を育むケースが多いようです

医者との出会い方

これまで医者の妻になるためのセオリーとして、彼らが医者として働きだすと、とても忙しくなるので、医学生のうちから「青田買い」するくらいの勢いで出会っていないといけない、アラサーになってから医者の妻を目指して婚活をしても難しいと言われてましたが…ここにきて、20代で結婚のタイミングを逃した医者が、あるタイミングでもう一度結婚について考えるケースが浮かび上がってきました。それは30代半ばに差し掛かっても独身である場合です。地方は、都会と比べるとやはり30歳そこそこで結婚していく医者が多いのですが、都会はやや遅くなる傾向があります。30代半ばになった彼らは、いったいどうやって婚活をするのでしょうか?

結婚相談所

結婚相談所に登録する医者が多いです。なぜならば、結婚に向けて一番効率的で手っ取り早いからです。登録すれば、必ず結婚相手候補に出会えます。相手と会うためにセッティングもしてくれる結婚相談所は、多忙な彼らにとって最善の婚活方法なのです。ここでのポイントは婚活パーティーや婚活アプリでもなく、「結婚相談所」であること。医者という社会的地位から、身元が男女共にしっかり保証されていることが良いようです。医者の親は医者であるケースも多く、家族の事情を鑑みて婚活する医者も少なくないのです。またすでに周囲から「出遅れている」感じで見られているため、結婚までの最短距離を狙っているのもあります。

知人の紹介

婚活を始めようとした時、最初に思いつくのが紹介ではないでしょうか?あなたも「誰かいい人いないかな?」と紹介をお願いしたことがあるのではないかと思います。医者も同じです。

気心知れた人からの紹介だから安心だと考えている医者もいます。こうした場合、すでに結婚している医者にお願いしたり、後輩に合コンを開いてもらうようです。なので、医者に知り合いがいる!という可能性がある友人・知人たちにあなたも出会いを求めていることを、知っておいてもらいましょう。

ひょっとしたら出会いの場が、ひょっこりアレンジされることがあるかもしれません。

効果的なアプローチに向けた心構え

それでは実際に素敵だな、結婚したいな!と思う医者に出会ったらどうアプローチすればいいのでしょうか?彼らはこれまで女性からモテてきたか、もしくは全く女性と縁がなかった…の両極端な可能性があります。モテてきたのに結婚していないとなると彼は遊び人かもしれないですし、全く女性と縁がなければ、そもそもお付き合いの仕方もわかっていないかもしれません。

ここでは、彼らの女性経験を気にせず、効果的にアプローチする心構えについて考えます。

彼そのものを尊敬する

医者は「医者ブランド」目当てで自分に近寄ってきた女性を排除します。「医者と結婚したい」という欲を前面に押し出さず、決してそれらが垣間見えるような行動は慎みましょう。医者という仕事に就いているのはあくまでも彼の一部です。彼の本質を見て、彼そのものを大切にしてあげると良いかもしれません。どんな感情を持ち合わせているのか?何に心を砕いているのか?など、彼が人間として、どういう人なのか、そこを見ていることをアピールしましょう。浮かれることなく、彼を一人の男性として結婚にふさわしい相手なのかどうか見極めるスタンスでいるようにしましょう。

自分から動く

女性は何歳になってもお姫様願望がありますが、こと医者の妻を目指してアプローチするのであれば、彼らには女性が喜ぶようなレディーファーストを期待しない方がよいでしょう。自分から行動することを心がけてください。誘われなかったら、自分から誘う。

お店も、彼と一緒に行きたいところを自分で選ぶ…など、後述しますが医者は忙しいです。彼がしてくれないことにあなたが不満を持っていることがわかれば、彼があなたに余ほど惚れ込んでいなければ、彼はあなたの存在自体が面倒になります。彼のために何ができるか?その気持ちを持って行動するようにしましょう。

こんな人を求めているドクターが多い

医者にとっても婚活はでは生の伴侶を探しているわけですから真剣です。彼らはどんな女性を妻候補としてみるのでしょうか?

仕事への理解度がある

医者の結婚相手として多いのが、医者か看護師や同じく病院で働いている女性という事実をご存知でしょうか?その理由は実にシンプルで、「医者としての忙しさを理解してくれているから」。同じ医療現場で働いていれば、彼がどのような勤務体系で、休日でも緊急時に呼び出されたり…そんな多忙で不規則な仕事を、しっかり理解してくれる女性は、妻候補として急上昇します。

自立性とサポートがある

「3-2自分から動く」で少し触れましたが、その多忙さゆえ妻に家のことを任せて仕事に専念したいと考えている医者が多いです。掃除や洗濯はもちろん、できれば自分の家族・親戚付き合いも任せたいそうです。夫に頼りきるのではなく、自ら考えて動ける女性を妻としたいと考えています。また医者も人間ですから健康管理は大切です。そうしたサポートもしてくれる、医者としての自分を二人三脚で支えるような女性がいいと潜在的に考えているようです。

知的な上品さがある

自分の人生のパートナー候補が、一般社会常識的なマナーやエチケットを知らず、TPOを履き違えるような振る舞いをしていたら、そこでジ・エンド。医者といえば法曹界と並ぶ知的職業の一つです。

夫婦というのは社会では一つの「単位」として見られるので、「自分=妻」となった時に、自分の恥になって、医者として足を引っ張られることは望みません。どんな人とも会話が楽しめて、また華やかさがある女性を、パートナーとして連れて歩きたいのが本望なのかもしれません

いざ付き合った時の注意点

心から好きだと思える医者と巡り合えて、晴れてお付き合いするようになった時、その幸せが長く続いて、最終的には結婚できるといいですよね。そのようになるためには、一体どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

マメな連絡を期待しない

ここまで記事を読んでくださったあなたは、十分認識されていると思いますが、忙しい仕事は他にもたくさんありますが、医者は人命を預かっています。そうなると携帯電話をちょこちょこ覗いているような余裕はないですし、また大きな病院となるとひっきりなしに仕事がやってきます。すぐに返信がこないくらいで慌てない、大きな心で構えていましょう。そもそもマメな男性が希少な存在なのです。「連絡がこなくて当たり前!」と思っていれば、いざ連絡が来た時に嬉しいものではないでしょうか

自分磨きで浮気防止をする

職場環境の男女比率から考えると、どうしても女性に囲まれて仕事をすることが多いのが医者です。ひょっとしたらあなたと付き合っていたとしても、アプローチしてくる女性がいるかもしれません。女性関係について聞くこと自体はいいのですが、聞き方次第では尋問のように思われて、あなたとの関係が悪くなることもあるかもしれません。浮気が心配な時は自分磨きです。忙しい彼と会えない間に、あなたがどんどん素敵な女性になれば、彼はあなたと会う日が待ち遠しくなるはずです。女性として磨かれて、彼もあなたに夢中になるなんて、すごい相乗効果ですよね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?医者の恋愛傾向について考えてきましたが、結局医者も一人の男性です。医者だからといって色眼鏡で見るのではなく、ちゃんと自分の内面をわかろうとしてくれる女性を望んでいます。そして、その女性がとても素敵な人であれば、医者の彼からしてみたら言うことなしです。あなたが医者の妻になる日も近いかもしれませんね。あなたがとっておきの恋愛を経て、幸せな結婚ができますように!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料カウンセリング

フェリーチェに来社し、更にくわしい説明を聞いてから入会を決めたいという方は、
電話またはインターネットでご予約の上、お気軽にお越しください。

お電話でも受け付けております。
時間の変更、予約解除の際には必ずご連絡下さい。
銀座ラウンジ TEL:03-6228-5223
芦屋ラウンジ TEL:0797-25-1076
横浜ラウンジ TEL:045-264-459


無料カウンセリング

SNSでもご購読できます。